エクスプローラーⅠ(114270)の買取価格、高額査定が期待できる理由

T. A.

T. A.
エクスプローラーⅠ(114270)の買取について、気になることはありませんか?
こんにちは。当サイトの管理人『T. A.』です。

ロレックス・エクスプローラーⅠのRef.114270といえば、現行モデル(Ref.214270)の一つ前のモデルです。

1997年に放送されたテレビドラマ『ラブジェネレーション』の中で主演の木村拓哉さんが身に着けていたエクスプローラーⅠに憧れて、この114270を手に入れた方もきっと多いのではないでしょうか。

ちなみに、同ドラマで木村さんが身に着けていたのは、実は114270ではなく、さらにもう一つ前のRef.14270というモデルだったんですね。

14270と114270は、見た目的にはほぼ同じなので、おそらく勘違いしている方も少なくはないでしょう。

14270は元々、定価348,000円(税別)の時計でしたが、ブームが最高潮に達した1999年頃には60万円を超えるプレミア価格が付いていたようです。

一方、114270はブームが沈静化した2001年に発売されたため、当時は新品でも常に定価を下回る30万円そこそこで取引されていたようです。

ちなみに、このページで取り上げるのは、14270ではなく114270の方。

当時はリーズナブルなロレックスのプロフェッショナルモデルとして、大人気だった114270の価値が現在はどうなっているのでしょうか。

気になったらぜひ、この続きをチェックしてみてください。

エクスプローラーⅠ(114270)とは


Ola WirdeniusによるPixabayからの画像

まずは、114270とはどんな時計なのか、下に簡単にまとめてみました。

  • Ref.114270
  • 製造期間:2001年~2010年
  • 素材:904Lステンレススチール
  • ケース径:36mm
  • ケース厚:11.5mm
  • 防水性能:100m
  • ムーブメント:自動巻き(Cal.3130)

この114270の最大の魅力は、何と言っても初期モデルから殆ど変わっていないシンプルなデザインに尽きると思います。

一切の無駄が無いことから「完成されたデザイン」とも評されている漆黒の文字盤は、カジュアルスタイルは勿論、ビジネスやフォーマルとの相性も抜群。

これほどまでに汎用性の高い時計というのは、現在から過去に遡ってもそう簡単には見つからないはず。

スペックに関しても、プロフェッショナルモデルに相応しい充実の内容となっています。

自動巻きムーブメントCal.3130は、上位機種のサブマリーナに搭載されているCal.3135をベースにしたもの。

認定クロノメーターが示す通りの高精度、且つデイト機能が無い分、故障リスクが低く、扱いも容易。

ロレックスが誇るオイスターケースとオイスターブレスの採用は当然として、使い勝手の面でもこれほど長く安心して使える時計というのは、この114270をおいて他に無いと思われます。

エクスプローラーⅠ(114270)の高価買取が期待できる理由

先に述べた「汎用性の高さ」「充実した機能」に加え、現行には無い36mmというケースサイズも114270の大きな魅力。

さらにこのケースサイズこそ、現在の114270の価値の上昇を招いている大きな要因であることは間違いのない事実です。

214270は39mm、他は40mm以上と、現行のプロフェッショナルモデルが軒並み大型化した中で、小振りな114270は今やとても貴重な存在です。

細腕のため214270は似合わないという男性や、長く愛用できる良い時計を持ちたいという女性などが、わざわざ中古品しか存在しない114270を熱心に探し回るというケースが跡を絶ちません。

V品番、G品番、ランダム品番は特に注目!

ロレックスの価値を左右する要素の一つに「シリアルナンバー」があるのはご存知でしょうか?

114270の価値も、当然シリアルナンバーによって大なり小なり変わってきます。

もし今、「シリアルナンバー」と聞いてピンとこなければ、ぜひこの機会に意識しておくと良いでしょう。

尚、2010年前半までに製造されたロレックスの時計には、シリアルナンバーの頭にアルファベットが付くという法則があり、アルファベットの種類によってどの年代に製造されたのかがひと目でわかるようになっていました。

参考までに、114270が製造された2001年~2010年のシリアルナンバーを下の表に抜き出してみましょう。

K000001~ 2001年
Y000001~ 2002年
F000001~ 2003年~2004年
D000001~ 2005年
Z000001~ 2006年
M000001~ 2007年~2008年
V000001~ 2009年
G000001~ 2010年前半

この中で注目すべきは、V品番とG品番です。

この2つは高年式のため、買取の際はより高額査定が出やすいといえます。

さらに、2010年後半からは頭にアルファベットが付く法則が廃止され、俗に「ランダム品番」と呼ばれるバラバラのシリアルナンバーが付けられた個体が流通し始めます。

114270の中にも僅かですがそのランダム品番が存在しており、それらは高年式且つ希少品ということで、V品番やG品番以上に高く評価されるようです。

さらにさらに、ランダム品番以上に希少といえるのが、「ブラックアウト」の文字盤の存在です。

ブラックアウトは、インデックスの3・6・9に白いラインが乗っていない点が、通常仕様との違い。

14270と214270には有って、114270には無いと思われていたブラックアウトですが、一説によれば、2009年頃のV品番の中に極僅かに存在しているといわれています。

正に激レア、となれば当然高価買取が期待できるでしょう。

エクスプローラーⅠ(114270)の買取相場は?

ここでは当サイトが独自に調査した、114270の買取相場をご紹介します。

併せて、中古相場も調べてみたので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

買取価格は、ネットにて買取事例15件を調査した結果、最安値が345,000円、最高値が580,000円、平均価格は485,294円でした。

ちなみに、上記の調査結果には反映されていませんが、新品の状態であれば100万円という買取価格を提示している買取店も存在しました。

114270は製造中止から10年近く経過しているだけに、コンディションの差が激しく、それが買取価格の幅に反映されているような印象を受けました。

中古相場は、楽天では調査時の最安値が538,000円、最高値が1,158,000円、平均価格は642,727円でした。

こちらもやはり、価格にはかなりの幅があり、ランダム品番や未使用品などは100万円を超える個体が数点発見されたのは、とても印象的でした。

また、玉数が非常に多いにも関わらず、60万円台という現行並みの高値相場を形成しているのは、いかにこの114270が中古市場で人気があるかを如実に物語っているといえるでしょう。

※参考:楽天市場

【おすすめの記事】

このページでは『「いちばん高い」がきっと見つかる。』のキャッチフレーズで知る人ぞ知る『時計査定の窓口』というサービスについて。 そ...
【人気の時計買取業者】

「当サイト管理人が実際に利用して、良かった業者はこの3つ。」

No.1【時計査定の窓口】
詳細公式サイト

No.2【アンティグランデ】
詳細公式サイト

No.3【時計買取.biz】
詳細公式サイト
時計買取で10万円以上損しないために・・・

【実録】失敗しない時計の売り方

■管理人が実際に30万円の時計を売ってわかったこと
■同じ時計に26万円と15万円の値が付くのはなぜ?
■○○での売却はおすすめ出来ない理由
■まず始めに利用すべき○○査定とは?
■おすすめの買取業者6選

詳細はこちら

【注意】
各企業のサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロレックスの定価2019 増税と価格改定で大きく変わったのはどれ?

GMTマスター2の買取価格は?現行と旧型【16710】の価値を調査!

売るなら今?ロレックスのSSモデルで最も価格が高騰したのは?【2019年】

時計の委託販売はメリットなし?ロレックスならおすすめはどこ?

宝石広場の時計買取の評判や口コミ、ロレックスの買取価格を調査!