このサイトの管理人

T. A.(40歳)の自己紹介


ご覧いただきありがとうございます。

25歳で機械式時計に目覚めて以来、これまでに、ロンジン、ハミルトン、オリス、ジン、ストーヴァなど、様々な時計をトータルで15本程所有してきました。

しかし、現在はその殆どを処分してしまい、手元にはロレックスやチューダーなど、お気に入りの4本だけが残りました。

つい先日も、セイコーのダイバーズウォッチを手放しました。

【関連記事】

このページでは、東京中野にある時計買取専門店『アンティグランデ』の口コミや評判、特徴などについてまとめています。 また、管理人自ら...

機械式時計はオーバーホールなど維持費がかかるので、私は同時にあまり多くを所有することが出来ません。

新たに時計が欲しくなったら、断捨離と金策を兼ねて、手持ちの時計を売却することもしばしばです(笑)

ただ、今後購入するなら、末永く愛用出来て、リセールバリューも高い時計をなるべく選ぶようにしたいです。

「資産価値」も多少は意識することで、賢く、そして何よりも楽しく時計と付き合ってい
けたら理想的だと思います。

【おすすめの記事】

このページでは『「いちばん高い」がきっと見つかる。』のキャッチフレーズで知る人ぞ知る『時計査定の窓口』というサービスについて。 そ...